FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.08.11 (Sun)

ワルトビューネ

毎日暑いですね...
夜になっても気温が下がらないので
エアコンは一日中つけっぱなしです


先日録画しておいたベルリンフィルの
ワルト(ヴァルト)ビューネを見ていました。

メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲と
ベートーヴェンの第九でしたが
何だか、毎年年末に聴き慣れている第九と
ちょっと違った感じがしました。
具体的に何が違うのかは説明出来ませんが...

何でしょうね?
日本人とドイツ人の違いでしょうか?
でも、ヤンソンス指揮のバイエルンでは
あまり感じなかったのですが....。

で、「そう言えばベートーベン...」
so-bitteのコンテンツにある
『作曲家生誕・没年表』にあったかな??
と思い見てみると....

なんと、ありませんでした

あまりに有名で忘れていたのか
見落としていたのか...

すみません、追加しました。


フルートはパユが首席でしたが
左掌にテーピングがしてあったような。

パユほど演奏活動が多いと
本番も練習も含めて吹いている時間が長く
腱鞘炎等になっても不思議はない気がします。

逆に、パユなら手を酷使しても
腱鞘炎にならない方法を見つけているのでは?
と思ったりもします。

実際はどうしてテーピングしてたんでしょうね?


同じ番組で、ワルトビューネの後に
ウィーンフィルのシェーンブルンをやってました。

指揮はかなり高齢になった(?)ロリン・マゼール氏
マイスタージンガーはちょっと重すぎて
私はあまり好きではありませんでした...

残念なことにFL主席のシュルツ氏が
今年亡くなってしまったのですが...

初めて見た若い男性の主席FLが。

演奏は....
ちょっと緊張していたのか
気負い過ぎていたのか



今後に期待します
スポンサーサイト
02:57  |  管理人のつぶやき  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。